面接でよく聞かれること

アルバイトの面接は、いわばお見合いです。お店なり会社なりはあなたを見て雇うかどうかを決めるのは当然ですが、あなた自身が事務所を訪問して、ここで働きたいかどうかを決める場でもあります。ですので、まずは緊張して鯱張るのではなく、落ち着いて事務所の様子をうかがいましょう。

次に、面接の応対に出た人や、実際に面接をする人の様子を見てみましょう。中には圧迫面接なるものを行う所もあるでしょうが、それはあまり気にしなくて良いです。要は、あなたがその職場を気に入り、相手があなたを雇う気があるかどうかです。過度に緊張することなく、聞くべきことを聞き、言うべき事は言うという姿勢でいれば特に問題ありません。

質問は、主に雇先である相手側からあなたにされることになります。その内容は職場や職種によって様々ですが、どのような職場でも面接時に良く聞かれることがいくつかあります。大雑把には3つです。あなたの人間性、あなたのこれまでの実績、あなたの志望動機です。

まず人間性についてですが、主には自己紹介と長所・短所です。自己紹介はあまり長くならないように簡潔にまとめましょう。長所・短所については、長所はともかく短所については案外難しいですね。ポイントは、短所を長所に言い換えること。例えば、行動が遅いというのは、仕事を取り組むにあたり、しっかり理解した上で取り組むというように説明することができます。

実績については、以前のバイト歴の中から印象に残ったケースを簡潔にまとめておくと良いでしょう。

志望動機については、履歴書に記載したこととの整合性を考え、相手先の仕事内容を良く研究した上で答えをまとめるようにしましょう。’

コメントを残す