バイトの面接は挨拶から

面接の秘訣を担当者に聞く機会を得たので、いろいろと聞いてみました。
会場には10分くらい前に到着しておくことが大事なことです。余裕が自信を生み、実力が発揮できる基になります。できれば、知らない場所はその前に行ってみて、所要時間とか入口の確認などをしておいた方が余裕がでます。
前日に揃えておく持ち物は、履歴書、筆記用具などを確認しておくことです。
身だしなみも重要なチェックポイントですので、要注意です。頭髪とか汗の匂いなどにも気をつけた方がよいです。
ドアをノックする寸前には、頭髪を整えて、服装にも注意を払います。深呼吸を一回してからノックします。面接官の第一印象は重要項目ですので。
第一歩は、名前を伝えて挨拶をします。はっきりした声で「○○時に面接の約束をしておりました□□と申します」と告げます。
下を向かないようにすることも大事です。暗い感じを与えてしまうので。相手の目を見て話をすることも必要なことです。
志望動機を聞かれることがあります。ここは、アピールのポイントです。気持ちをはっきりすっきりまとめておいて、あまりだらだらにならないように話します。大げさは返って嘘のように聞こえることがありますので、正直に素直に話すことをお勧めします。就職活動の面接の面接のようには避けて、「チャレンジしたいので」とか「好きなので」のような程度が良いと思われます。
帰るときには、ドアの前でお礼を述べて一例してから退出します。

コメントを残す