バイトのマナーは最初の一歩

バイトの人に求められるマナーでは、まず、面接時のマナーですが、採用する側からの見方は、その人の情報が履歴書だけなので、次に参考にできる情報としては面接です。面接の第一印象が大きな決めてになります。物凄く立派な行動を求めているのではなく、常識としてのマナーだと思います。
経験の無さは知っての上で面接なのですが、常識が無さすぎと言われてしまっては問題外なのです。
第一印象は面接ですが、基本的に面接は1回しかありません。面接官はその1回でその人を判断しなければなりません。会社にとって必要な人かどうかを。面接官からみると、人材が必要だから面接をしているので、どうにか会社に合う人を見つけたいと思って、その時間をつくって面接をしているのです。第一印象さえ良ければ面接はクリアできることになります。
当たり前のことを、常識的に考えて答える、それだけなのです。
学生の間では普通だったことが、社会人の入口に立った時には普通ではない、改めて普通に戻そうとして、あれこれ考えています。それが間違っていたということではないのですが、生活圏が違っていたからということなので、改めるにはちょうど良いチャンスということにもなります。
もうひとつのマナーとしては、初日の挨拶があります。先輩や仲間には、明るくはっきりとした言葉使いでします。返事もはっきりした方が好印象を与えます。分からないことは自分で適当に考えるのではなく、直ぐに聞いて最初から基本を正しく捉えておくことが、今後にとって重要なことになります

コメントを残す