バイトに相応しい志望動機

アルバイトをするために面接を受けるときには、志望動機を尋ねられるときが多くあります。面接をする方にとってはかなり重要な項目です。どこでも良いからアルバイトをしたいのだ、では採用する側としては困るのです。他に、ほかの人で、はっきりと言えた人がいたならば、そちらを選んでしまいます。自分を選んでもらって、自分の希望を叶えたいのであれば、志望動機ははっきりと言えるように、気持ちをまとめておいて、言葉にして伝えることが出来るように心がけておくことが大切です。それ1つで、合格が決まると言っても言い過ぎではありません。もしも不安な人は、求人・仕事の面接での注意点を調べてみましょう。わかりやすくまとめてあるので、面接成功率も2倍になるかも!
採用しようとしている企業や店の人からみれば「すぐに辞めてしまうのは困る、長くいて欲しい」と思って面接をしています。
正社員の面接とは違うので、構えすぎて「御社の○があっていたので」などと言ってもかえっておかしくなるので、やはりアルバイトとしての相応しい動機を伝えることが良いのです。
例えば、スーパーのアルバイトに応募した場合には、住まいから近いからとか、行動範囲内なので、は有効だと思います。
主婦のアルバイトであれば、日常の家事のスケジュールの空き時間を活用できるので、ここでアルバイトを希望する、と伝えることは好感がもてる志望動機になると思えます。
また、経理事務のアルバイトの場合であれば、将来は経理、会計の仕事につきたいと考えており、現在も専門学校で会計の勉強をしているので、こちらの事務所で経理に関わる仕事をさせていただければ、勉強したことの活用にもあり、経験のつみ重ねもできるので、今回応募しました。ということは採用者側は好感がもてることです。
(参考 URL:http://shigoto.in/baito/guide/motivation/

コメントを残す